バス

AdobeStock_206345664.jpeg

|風呂リフォームの時期は15〜20年が目安、その後は損が増える傾向

築15年を超える頃になると、浴室内部にカビや汚れが目立ちだし、そろそろ新しいお風呂にしたいと考え始めるようになります。使用頻度が高い場合や掃除やメンテナンスが行き届いてないと10年で寿命が訪れることもあります。

お風呂のリフォーム時期は、約15〜20年が目安です。このタイミングを逃すと、劣化が加速したり、維持費がかさんだりすることで、後で損をする可能性があります。

お風呂は常時、湯水が掛かる場所です。内部に水が浸入して土台が腐食していたり、シロアリの被害にあっていたりすると、余分な工事費用が掛かります。また古い設備を使い続けることで光熱費がかさみ、場合によっては健康に被害を及ぼすこともあるのです。

S__266297349_edited_edited.jpg

 まとめ

・お風呂の寿命は約20年。使用頻度や多い場合や掃除

 やメンテナンスを行き届いてないと10年で寿命も。

​・早めのリフォームで余分な工事費をかけない。

・​古い設備は水道光熱費もかさみがちです。

​カビがひどく、劣化が​加速しています。

維持費もかさみ、​水漏れの心配も

|お風呂のリフォームの時期を知らせる7つのサイン

お風呂リフォームの時期を見極めるための7つのサインをご紹介します。我が家のお風呂をチェックしてみましょう。
 

  1. 築10年を過ぎて、お風呂のメンテナンスを一度もしていない

  2. 隣りにある洗面脱衣室の床がぶよぶよしている

  3. お風呂の壁や床、浴槽にヒビワレ、サビが出ている

  4. カビがひどくなってきた

  5. 排水口の掃除をしても排水が流れにくい、どことなく臭う

  6. 水栓金具の温度調節がききにくくなってきた

  7. お風呂の外の壁に水が染み出た跡がある 


上の7つのサインが出てきたら、そろそろリフォームのタイミングです。特に、2.隣りにある洗面脱衣室の床のぶよぶよ、3.浴室内のヒビワレ、7.外壁への水の染み出しは要注意。構造部分まで腐食が進んでいる可能性があります。

早めに業者に見てもらいましょう。

浴槽ヒビ割れ.png

階下の水漏れリスクがある

・配管・鉄管・ピンホールの錆び

・ヒビ割れによるケガ

・浴槽を設置する金具が腐食

​・ヒビが広がり穴が開く場合も

・下の階に水漏れ

|見えない部分も腐食が進んでいます。

常に湿気があり、温度差が発生しやすい場所ですので、素材によっては傷み具合が家のほかの場所よりも進行しやすい環境にあります。見た目が古くなった浴槽などの設備だけを取り替えることもリフォームのひとつの方法ですが、年数を経た浴室にはどんな問題があるのか、また、リフォーム方法・工法があり、それはどんな工程なのかなど基礎的なポイントを知っておくことは大切です。

IMG_2522.jpeg

分譲マンション水漏れ事故 その対応と備え その事例とは

パッキンの劣化

パッキンとは、配管と配管、配管と設備を接続する漏れ防止のシール材のことです。このシール材の劣化で、水が長期間浸み出て、自宅だけではなく階下の住戸まで広範囲に被害を与えてしまいます。

ユニットバスの給水配管の配管立ち上がりのジョイントとシール材や、同様に浄水器や洗濯機、ユキッチンでも発生しています。

 

劣化事故と言っても、すべての住戸で発生する訳ではありませんが、築10年以上であれば、事故の危険性は高まります。

 

パッキン劣化は隠れた部分でもあり、漏れの量も微量である為、発見するのが非常に困難で階下の天井に漏れてから、気づく厄介な水漏れ事故のひとつです。

 

また、点検は各戸の自主判断と負担になりますので殆どの方は行っていません。

ユメックスホームでは現地調査を含め見積もりも無料なので早めの相談していただければ最適なリフォームの提案を行います。

|ひとあし早いお風呂リフォームが得する3つの理由

ひとあし早いお風呂リフォームが得する3つの理由をまとめてご紹介します。
 

  1. 腐食が進む前にリフォームすれば、ムダな補修費用が掛からない

  2. 節約エコな設備機器の登場により、水道光熱費の差額が大きくなっている

  3. 掃除などの家事に掛かる時間と費用を節約できるようになる

「お風呂リフォームを少しでも安くしたい方におすすめ」

・助成金制度を利用する

 

浴室のリフォームには、助成金制度が存在します。バリアフリーのための浴室リフォームの場合、介護保険制度やバリアフリーリフォームの制度が利用できます。

 

・補助金の制度は3種類!

 

補助金の制度は、国・地方自治体・介護保険の3種類に分けることができます。

国の助成金制度を利用する場合は、バリアフリーリフォーム、省エネリフォーム、長期優良住宅化リフォームが該当します。

自治体の助成金制度の内容は、各自治体によって異なります。

介護保険の場合は、要介護や要支援と認定された方がいるという条件が加わります。最大で20万円まで助成してもらえます。

 

・リフォーム減税を利用する際の注意点

 

国による助成金制度は、対象の工事と対象者の条件がそれぞれ異なります。さらに、毎年行われている制度ではない点にも注意が必要です。地方自治体の場合も同様であり、制度が実施されているかよく確認する必要があります。介護保険の助成金は、工事後に支払われる点にも注意が必要です。

アートリフォームはバスルームをはじめとしたマンションリフォームの実績が多く、ご利用になられたお客様から高評価をいただいております。
理想を叶えるマンションリフォームをお考えでしたら、ユメックスホームにご相談ください。

ホームページには過去の施工例もたくさん掲載しておりますので、是非ご活用ください。
浴室にこだわりたいというときは、ジェットバスやミストサウナ、暖房乾燥機などいろいろな機能をオプションとして追加することも可能です。

こんな方におすすめ

・補助金(助成金)の利用方法を知りたい
・補助金に詳しい業者を選びたい
・少しでも安くお風呂のリフォームを行いたい

補助金を賢く利用して、少しでも工事費用を抑えましょう!

1Dayリフォーム

他の業者と比べてくださいユメックスホームでは1日で工事を完了します。

通常、ユニットバスの工事手順は既存浴室の解体・撤去で1日、給排水管の配管移設で1日、ユニットバスで1日、最短でも4日かかります。ユメックスホームでは長年のノウハウで専属の各業者を連携させることで効率化を図り1日で全ての工事を行うことで翌日には新しい浴室を使用することができます。

img_flow_mansion2.jpg

既存浴室の解体・撤去

既存の浴室を解体します。まずは水栓や照明など細かい部材を取り外していきます。次に浴槽やドア枠を撤去し、天壁パネルと床を解体します。解体時には大きな音が出ることがあるため、工事前に近隣にお住まいの方へご挨拶に伺います。

img_flow_mansion3.jpg

給排水管の配管移設

既存浴室に設置してある各水道設備管を配管します。水とお湯の配管・排水の配管・追い炊き管(有る場合)の配管を浴室内は新しくして、新規システムバスに接続できる位置まで延ばします。

img_flow_mansion4.jpg

ユニットバスの組み立て

新規システムバスを組立します。各部材はバラバラに搬入され、通常、床→壁→天井の順番で浴室を作ります。
水栓・鏡など細かい部材をを取り付けていきます。ランドリーパイプなどお客様のご希望の設置位置をお伺いしながら、取り付ける部材もございます。
最後に、ドアを取り付けてユニットバスの設置工事は完了です。この後に大工による浴室のドア周りの壁・床の補修工事とドア枠の造作工事が行われます。