キッチン

|システムキッチンはとても人気が高く、日々進化しています

現在、システムキッチンの需要はとても高いです。各メーカーでもシステムキッチンの開発が盛んになっています。

各社とも、ある程度統一されたサイズやデザインを用意し、顧客の好みでパーツを選択して組み立てを行います。パズルを組み合わせる感覚で、キッチンの注文が可能です。

最近では調理台の下に食洗機やオーブンをはめ込むビルドイン方式や、IHかコンロかを選択可能、食洗器を内蔵可能などがさまざまあります。高い需要に後押しされて、システムキッチンは日進月歩で進歩しています。

|マンションでシステムキッチンをリフォームする場合の注意点

マンションは大きな建物にいくつもの部屋があり、排水管などの下水システムなどいくつかの設備を共有している設計になっています。それに伴い、システムキッチンのリフォームも自由にできるわけではありません。 洗面台の排水管といった共有設備、あるいは壁に設置された排気ダクトなどから、戸建てよりも制約が多くなります。

ユメックスホームはマンション専門のリフォームなので 安心してお任せください。

 

キッチンに関するリフォームのポイントに関して、詳しくご紹介します。  

 

①マンションのキッチンリフォームは戸建てと比べてむずかしい

 

キッチンが設置されている場所を変えずにリフォームを行う場合、基本的に戸建てとリフォームのしやすさはほぼ変わりません。  

しかし、キッチンの設置場所も移動させたい場合、前述の通り、マンションの共有設備の問題で移動できない場合があります。もしできたとしても、マンションは、戸建てに比べてプランの自由度がかなり低くなります。  

キッチンを移動すると、その分費用が掛かりますが、そのマンションの排気ダクトや排水設備の位置によって決まります。こればかりは実際にリフォーム会社の立ち会いのもと、見積もりを出してもらわないとハッキリしません。  

 

②マンションのリフォームは「管理規約上」出来ないこともある

 

そもそもマンションの管理規約には、リフォームに関する条項が細かく設定されているのが一般的です。自分の家であっても、好きなようにリフォームはできない箇所が多々あります。最も分かりやすい例は「専有部分」と「共用部分」のリフォームについてです。  

 

例えば、ベランダの手すり、玄関の扉の外側、窓枠などは共有部分となり、勝手に交換することはできません。共有部分の問題のほか、床材は分譲マンションでも階下の防音機能を考慮する必要があるため、使える床材が限定されていることもあります。  

マンションの制約はキッチンにもあります。例えば、キッチンのガスコンロや電気ヒーターをIHクッキングヒーターに変更したいとき、多くの場合、住宅の電圧を上げる必要があります。古いマンションはIHヒーターを使えるだけの電圧がないことが多く、工事が必要になります。この場合、戸別ではなくマンション全体に影響する工事になるため、マンションの管理組合に許可が必要になる場合がほとんどです。  

 

③マンションのシステムキッチンリフォームは分譲マンション専門リフォーム会社のユメックスホームに相談を

 

以上のように、マンションのリフォームにはさまざまな問題、制約が生じます。キッチンを移動させたい、IHクッキングヒーターを導入したいなど、リフォームの構想を考えたらまず、相談、見積もりを取ってもらいましょう。

特にマンションのリフォームは、近隣の住宅への騒音や荷物運搬などの配慮、養生の行い方、排水管などの共用設備問題などから、非常に難しい工事になります。ユメックスホームはそういったさまざまな問題をクリアしながら、ご希望のリフォームを行います。  「安いから」と値段だけで判断せず、マンションを専門に受け持つ弊社にご依頼下さい。

システムキッチンリフォーム工事の流れ

既存キッチンの解体・撤去

配管設置・配線

​(床貼り替え)

キッチンパネル

貼り

システムキッチン

組立・配管接続

器具の取り付け

​完成

許可番号:建設業許可 神奈川県知事 許可(般-23) 第77653号

株式会社ユメックスホーム

〒222-0033 神奈川県横浜市港北区新横浜2-2-3 新横浜第一竹生ビル7F【本社】

Copyright (c)2016 Yumecs Home.inc All Rights Reserved.